商品検索キーワード 商品検索

▼松井ニット技研マフラー


▼足が痛くなりにくい


▼ワンピース


▼大人が喜ぶスヌーピー


▼コンフォートバッグ


▼履くだけで身長5.5cmアップ


▼好みの色がきっとみつかる


▼大人の趣味雑貨


▼厳選IEIオリジナルコレクション


▼国産振り子時計


▼動物モチーフバッグ


▼紳士靴スリッパ


▼縁起絵画


▼武将兜を再現


▼インテリア仏像


お買いものガイド



トップ > こだわり商品研究所分室 > 斉藤アイロン台工業 立体型アイロン台 > 立体型アイロン台 標準型 斉藤アイロン台工業





 
アイロンをかけると、プレスしている部分は綺麗になりますが、
他の部分にしわができてしまい、なかなか全体のしわを伸ばすことができないと感たことはありませんか?

ノーマルなタイプのアイロン台を使うと・・・

平らなアイロン台で立体的な洋服をアイロンがけするとこんな風に、他の部分にしわができてしまったことありますよね

あるいはアイロンをかける時、「もっと楽にかけられないのかなあ?」と思ったことありませんか?
もちろん技術的な差はあるとしても、根本的にどうにかならないものか?
やはりクリーニングに出してしまった方がいいの?
私はいつもそんなことを考えつつ、四苦八苦しながらシャツなどにアイロンをかけています。


 
ファッション業界で立体裁断という用語が使われています。
人間の体にフィットするよう、洋服が立体的に裁断されているというわけです。
そもそも洋服とは体にフィットするよう立体的に裁断されています。もし洋服が体の厚みを考慮しないで平面に出来ていたら、着用した時に非常に窮屈に感じるはずです。というわけで洋服は平面ではなく、緩やかな曲線を描いて立体的に出来ているのです。
ここで一つの疑問が湧きます。平らなアイロン台で洋服をうまくプレスできるでしょうか?
曲線の洋服を平らなアイロン台に乗せ、うまくフィットさせてアイロンがかけられるでしょうか?

「洋服はほとんど平面に近いから問題ではない」とお思いの方、今まで平面なアイロン台で不自由しなかった方、この立体型アイロンでその微妙な違いを実感するはずです。
メーカーは大正13年から40年間に渡りアイロン台を製造してきたアイロン台専門メーカーの斉藤アイロン台工業。平成元年に製品化したのがこの「立体型アイロン」です。



 
この立体アイロン台のヒントになったのはテーラーやクリーニング店でプロが使用する大きな業務用アイロン台、通称「まんじゅう」と呼ばれる物です。まんじゅうの中には、おがくずが詰められていて、使い込むうちに洋服の丸みにあった自然なカーブができてきて、理想的な形になっていくのです。


ところが近年、その「まんじゅう」を作る職人さんが減ってしまったため、斉藤アイロン台工業専務、斉藤志ず江さんが業務用の「まんじゅう」をなんとか家庭用に製品化できないかと試作を繰り返すこと実に15年、平成元年にようやく生まれたのがこの立体型万能アイロン台なのです。この亀の甲のような形と、かまぼこのような丸みは、人間の丸みにあわせた洋服や肩の流れ、袖の丸みに合わせて設計されており、台に着せかけるようにしてプレスすることで、どんな形の衣類にも対応し、仕上がりがきれいにできるという特徴を持っています。


 

両側が下に引っ張られ、生地がぴったり密着し、アイロンが楽に滑ります。



 
洋服は立体的に出来ていますから、従来の平面のアイロン台に置くと布地にシワが出来易かったのですが、立体型アイロン台はそれを解消し、掛けにくいワイシャツの衿や肩口も上手に仕上がります。


もうひとつの大きな特徴はその仕上がりで、その秘密は特殊な三層構造にあります。内部はカバー・フェルト・突起状ボードの特殊な三層構造になっています。


取り外して洗濯できます


衣類にフィットさせる素材


瞬間的に不必要な蒸気を突起の間に抜き、衣類を
傷つけることなくパリッときれいに仕上がります。


瞬間的に不必要な蒸気を突起の間に抜くので、衣類を傷つけることなくパリっときれいに仕上がります。1番上のカバーは木綿を使用。 ゴム式で取りはずしができ、ご家庭で簡単に洗濯できます。フェルトは業務用フェルト。 瞬間的に不必要な蒸気を突起の間に抜き、衣類を傷つけることなくパリッときれいに仕上げる突起ボード、特許取得の技術です。世界10カ国(日本・アメリカ・イギリス・イタリア・オーストラリア・中国・ドイツ・カナダ・フランス・イスラエル)の特許を取得しています。プロが使っていたおがくず入りのアイロン台の自然なカーブが、ここに再現されています。



 
標準型、スタンド型の2種類ありますので、お好みや生活様式に合わせてお選びください。
標準型は2段階、スタンド方は4段階の高さ調節ができるので非常に便利です。
折り畳めば収納にも場所をとりません。

    

標準型はワイシャツやブラウスの平均的なサイズである背幅42×着丈85cmに合わせ
幅43cm・長さ86cmと設計されています。
またスラックスやパンツ一本を一気にアイロンがけしたい場合等はスタンド型(長さ110cm)が便利です。またスタンド型は幅46cmあり、より一層楽にアイロンがけができます。


ご家庭で手軽にアイロンをかけることができます。
このアイロン台でアイロンをかけると、アイロンかけが楽しくて楽しくてしようがなくなることウケアイ!

ある有名高級紳士服店ではなんとこのアイロン台を販売しています。
いかにこのアイロン台の評価が高いかの証明ですね。



折りたためばこんなに薄くなります
立体型アイロン台 標準型 斉藤アイロン台工業 立体型アイロン台 標準型 斉藤アイロン台工業 立体型アイロン台 標準型 斉藤アイロン台工業
立体型アイロン台 標準型 斉藤アイロン台工業 立体型アイロン台 標準型 斉藤アイロン台工業 立体型アイロン台 標準型 斉藤アイロン台工業
拡大画像

立体型アイロン台 標準型 斉藤アイロン台工業

商品コード : 560-8024
価格 : 12,190円(税込 13,165円)
数量
 

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
サイズ 幅42cm×長さ86cm×高さ26〜34cm
(収納時 高さ120cm×厚さ7.5cm)
高さ調節 2段階調節
重さ 約4kg
備考 日本製(斉藤アイロン台工業)
取扱説明書付
※専用カバーは商品に取り付けられています。